CIMG2102

昨日、ワールド・ハピネス2013へ行ってまいりました。感想はさておき、「あー、これ持ってきて良かったな!」とつくづく感じたアイテムがあったのです。そこで、これからフェスへ行く人の役に立つべく、「夏フェスであると便利な持ち物5選」を紹介します!!

1)ミニ座布団
2)ミニテーブル
3)ゴミ用ビニール袋
4)体を覆うサイズのタオル
5)サングラス



1)ミニ座布団

CIMG2119

レジャーシートは持参される方、多いと思います。でも、レジャーシートの上に敷くミニ座布団はどうでしょうか?かさばるので持ってかない方もいるのでは?しかし、この小さいヤツが憎たらしいほど活躍するんです!

というのも、コンクリートの上はもちろん、芝生の上でも長時間座っているとお尻が痛くなってくるから。痛いとライブにも集中出来ませんし、何より不快です。そこでミニ座布団!100円ショップで売っている品物で十分でしょう。私も100円ショップで買いましたが、とっても快適でした!

難点はかさばることですが、折りたたんで袋に入れれば大したことありません。軽いのも嬉しいトコ。何より、痛くて不快な思いをしなくて済みます。ぜひオススメ


2)ミニテーブル

CIMG2111

足が折りたためるタイプのミニテーブルが、意外や意外、大活躍だったのです!

フェスではノドがカラッカラになりますよね?で、ドリンクを買うわけですが、買った後にとりあえず置いておく場所が必要になります。普通は地面に置くでしょう。しかし!地面は必ずしも平らとは限りません。謎のデコボコあり、ジャマな小石ありで、ドリンク置くのにも一苦労です。

そこでミニテーブル!これがまあ便利なこと。ドリンクを何の苦労もなく置いておける有り難さよ!フェスでは当たり前のことに感謝しました。ドリンクだけでなく、おつまみなんかもバッチリ置けます。素晴らしい!

ポイントは、軽くて足がたためるタイプを選ぶこと。たしか100円ショップでも買えるはずです。プラスチック製で、足が金属のやつ。簡単なものでいいので、持参して快適なドリンクライフをお送りください。


3)ゴミ用ビニール袋

CIMG2118

ワールドハピネス2013においては、会場にゴミ箱が設置されていたものの、当然ながら分別が必要でした。燃える・燃えない・ペットボトル・・・といった感じです。

それで、やっぱりあると便利だったのがゴミ用ビニール袋。飲み食いした後に出たゴミをあらかじめ分別しておけば、捨てる時にラクチンです。地味な存在なため、忘れがちですがぜひご持参を!


4)体を覆うサイズのタオル

a0002_002301

大きめのスポーツタオルがあるとベストです。汗を拭くのも良いですが、何より強烈な日差しから身を守ってくれます。夏の野外フェスでは、晴れていれば日差しがめっちゃくちゃ強烈です。これでもかっっ!というくらいに。夏らしくて良いのですが、日差しは我々から体力を奪います。どうにかして身体を守らなくてはなりません。

そこで、大きめのタオルです。タオルで身体をクルっと巻けば、少なくとも日差しを直接浴びることはありません。もちろん暑いには変わりありませんが、体力の消耗を抑えてくれます。

ライブ以外ではタオルを巻いてじっとしておき、ライブのときは大盛り上がりというのも方法のひとつでしょう。


5)サングラス
CIMG2115


目に入る日差しほど辛いものはありません。眩しいのは当然のこと、目の健康にも良くないです。そこでサングラス!普段かける習慣がなくて恥ずかしい?大丈夫、フェスでは誰も注目していません。それよりも自分の身体を守ることが先決です。

タオルで身体を巻いても、目にはサンサンと太陽が当たります。眩しくて常にイヤな思いをしないよう、サングラスをかけましょう。とっても快適なひとときとなります!


【まとめ】
夏フェスは熱さと日差しが何よりの友達であり、そして恐るべき敵でもありました。今日の記事で紹介したアイテムをぜひご活用頂き、最高の時間を過ごしてもらえれば幸いです!あと、水分補給もお忘れなく~(^^ゞ


02