medium_3507441358
photo credit: silkegb via photopin cc



当ブログがopenしたのが2012年12月。もうすぐ半年が経ちます。しかし、「果たして読者の役に立つブログであろうか?」「自己満足で終わっていないか?」最近はそんな思いが消えません。これからの方向性を確認するためにも、当ブログの思いを明確にしたいと思います。



《ブログポリシー》
medium_3097124543
photo credit: Amir Kuckovic via photopin cc


「このサイトは何ぞや?」でも書いたように、当ブログはブックレビューを中心に据え、日常生活、グルメレポート、旅行記などを取り上げています。読者の皆さんが面白い本、ためになる本を探しているときの”灯台”となる、そんな思いが根底にあります。

ただ、ブックレビューの難しいところは、ついつい本の説明になりがちな点です。どんな本なのか説明する必要はありますが、あくまで端的に。Amazonを見ればわかるような情報であればいりません。説明だけでなく、「発見」「体験」を軸にしたいと考えています。

「発見」とは、自分が本を読んで見つけた点や、役に立つ点を指します。通常、本は数百ページに及ぶため、全ては網羅できません。よって、本の中でいくつかポイントを絞り、その上でレビューを書いていく・・・いわば「おいしいトコどり」のような形式を目指しています。

「体験」とは、本を読んだら実践してみるということです。実際やってみたらこうなった、ということを読者にお伝えできれば、これほど素晴らしいことはありません。ビジネス本に書かれているアノ方法、実際はどうなのかな?そんな声にお応えすべく、実践型読書を展開していきます。




《ブログを通じて伝えたいこと》
medium_4306107546
photo credit: Frank Wuestefeld via photopin cc


私がブログを通じて皆さんに訴えたいこと・・・

もし、生き方が1種類しか選べないとしたら?道は1つしかなく、そこから逸れたらゲーム・オーバーだとしたら?私は真っ平御免です。しかし、我々は無意識のうちに自分を追い込んでいないでしょうか?仕事にしても、日常生活においても、「こうあるべき」と決め付け、そのあるべき姿に必死でしがみつく・・・それが自分の望むものではなくても。

しかし、道は決して1つではありません。人間はもっと、色んな生き方があって良いはずなのです。私はブログを通じ、この多様性というものを伝えたいです。例えば、本を開けば、たくさんの人生が描かれています。「なるほど、面白いね・・・」ではなく、「おっ、いっちょ俺もやってやるか!」 という心になってほしい。そんな思いでいます。

カッコつけて言いましたが、実際は私自身が、そうなりたいのです。1つのことにしがみつくことなく、生き方の多様性を認め合う。
「こうあるべき」ではなく、「こうありたい」と願う姿こそ真実です。



《「こうありたい」を実現させるために》
medium_4548535977
photo credit: m-a-s-h-i-m-a-r-o via photopin cc

私はブログを通じて、

1)読者の役に立つこと
2)読んで良かったと思ってもらうこと
3)生きる道は1つではないと感じてもらうこと

これらを実現させていきたいのです。そのための手段としてブログがあります。まずはブログに来てもらわねば話になりません。そのために見栄えの良いサイト作りを、ということでプログラミングを勉強したり(ドットインストールで頑張り中)、他のブログを拝見したり、当然ながらネタ元である読書も欠かせません。目標の実現に向け、まだまだやりたいことが沢山です。

時にやりたいことが多すぎて、整理し切れない自分にイラ立ちを覚えたので、GTDの導入を検討中です。現在本を読んで学習中で、実践の結果はまたブログにアップ予定。アップしない場合はどうか察して下さい。アイツは挫折したのではなく、別の道を見つけたんだな・・・と、いうのは冗談ですが、実際なかなかに複雑な部分もあるので、マスターには時間がかかりそうです。しかし、内容は整理術として綿密に考えられており、非常に素晴らしい本だと思いますのでオススメです。


はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 [単行本(ソフトカバー)]



《最後に》
medium_4597412009
photo credit: @Doug88888 via photopin cc


読者の皆さんに愛を!いや、全くもっていらないよ、という人にも差し上げます。皆さんのサイト訪問こそ、ブロガーにとって一番の励みです。すべては、たったひとりの心に届けるため。これからもよろしくお願いします。