CIMG0736
戦艦大和を無用の長物だなんて誰が言った!?

と、いきなりすいません。広島旅行3日目。順を追ってご紹介します。

広島アンデルセン
CIMG0731

言わずと知れたアンデルセン。実は1967年に広島で誕生したそうです。となれば、これは行くしかないでしょう!モーニングを頂きました。

CIMG0727
上品な味わい・・・幸せな朝食です。

CIMG0729
店内も清潔感溢れ、もちろんテイクアウトのパン類も売っています。


さて、おなかも満たされたところで観光へ。私は今回、どうしても見ておきたいところがあったのです。それが。昔の軍港というイメージがありましたが、今は海上自衛隊が駐在しているようです。そして、興味を持ったのが大和ミュージアム。戦艦大和の1/10スケール模型が置いてある、というではありませんか!!子供の頃、プラモデル作ったな~。

せっかく広島に来たのなら、ということでいざ大和ミュージアムへ!

CIMG0732
なんか、エヴァンゲリオンの企画展をやっていたようで写ってます。

今回はもちろん常設展へ。入場料(大人)500円を払っていざ!そこにあったものは!
CIMG0743
よっ!待ってました!

CIMG0741

CIMG0745

CIMG0746
言う事なしです。これ見ただけでも来たかいがありました。あまりの迫力、精密さに感動。グルグルと大和の周りを20周くらいしてしまいました


他にもゼロ戦などが展示。

CIMG0750

CIMG0757

CIMG0748

このように、貴重な展示物の数々を見れたことも良かったのですが、何より心に残ったのは戦争の記録が残されていたこと。パネルと映像で呉における戦争の歴史が紹介されていました。また、大和ミュージアムだけに、戦艦大和の設計~沈没までの詳細がわかるよう展示がありました。大和の乗組員だった方のお話(ビデオ映像)や、乗組員1人1人の顔写真と階級など、当時を知る資料としては大変貴重なものがたくさん。日本人としては見ておくべきだと感じました。

大和は無用の長物などと揶揄されることがありますが、そういうわけではなく、大和の建造が日本の造船技術向上をもたらし、のちの技術立国へとつながっていった、という面もあるのです。戦争はむごいですが、未来へとつながったものがあると知りました。


その後、近くにある「てつのくじら館」へ。主に潜水艦について知ることができる施設なのですが、なんといってもその外観がインパクトあり過ぎです↓
CIMG0803 - コピー

CIMG0778

要は、潜水艦がそのまま展示されているのです。大迫力!

CIMG0779
潜水艦の下をくぐって施設の入口へ。

CIMG0780
エスカレーターも雰囲気たっぷり

CIMG0781

CIMG0785

普段、潜水艦について接するような機会はないので、とても勉強になります。Know  Your Boat(己の艦を知れ)!


という訳で、貴重な体験ができた呉での旅行。しかし今日は3日目。もう東京へ帰らなくてはなりません・・・ちょっとお茶をして旅の余韻に浸って。

CIMG0817

CIMG0818


ありがとう広島!また来るぜ!