medium_30955398
photo credit: jaded one via photopin cc


タイトルはちょいと大げさですが、2,30秒閉じ込められたのは事実です。何があったかというと、エレベータの故障などではなく、自分の勘違いが原因です。

今日は用事があり、ホテルのエレベーターに乗ったのですが、それが宿泊者のルームキーがないと目的階へ行けないタイプだったのです。セキュリティ対策上、近年よく見かけますね。そんなことは意識せずエレベーターに乗り込み、目的階のスイッチをカチっと押したのですが、ランプが点いてもすぐ消える。あれっ、などと思いながら何回かカチカチやっていたら、ドアが閉まって動き出したのです

その時点で、ルームキーが必要なタイプだと気が付きました。しかし、目的階もなくエレベーターは上昇していきます。どうなるのだろう、とちょっとドキドキしていたら、5階あたりで止まったようでした。やれやれ降りられる・・・。が、ドアが開かない。開くボタンを連打してもシーン。

ぬっ、閉じ込められた!!とりあえずクセでスマホを見ましたが特に有効策はなく。それどころか電波が通じない場所だったので「げっ」という心境になっただけでした。これは非常電話で連絡するしかないのか・・・しかし、完全に自分のミスで呼ぶってのも迷惑な話だろうな~などと迷っていたところで、自然に下へ動き出したのです

そのまま無事に出口へ到着。危なかった・・・という話でした。たった数十秒の出来事なのにドキドキしてしまったこと。これが故障などに起因するものなら怖いだろうな、と実感しました。

皆さんもぜひ、ルームキーが必要なエレベーターにはお気を付けて。

ではでは、また。