medium_6307560717
photo credit: Viewminder via photopin cc



1日3分で人生が変わる セルフ・モチベーション (PHPビジネス新書)
1日3分で人生が変わる セルフ・モチベーション (PHPビジネス新書)

リンクアンドモチベーション代表の小笹 芳央さんが書いたこの本。

1日3分というカップラーメンばりのお手軽さで人生を変えるとはいかなるものか?と思って読んでみました。

1項目4ページという構成でとても読みやすいのが特徴。仕事をする上で重要な「自己モチベーション管理」をテーマにしています。

というわけで、印象に残った部分をいくつか。本書のマネをして簡潔にまとめます。いえ、決してラクをしたい訳ではありません。


《「求められる自分」に打ち込め(p.25)》

ありのままの自分ではなく、接する人によって態度や発言を変える。仕事、家庭・・・求められる役割に応じて自分を創り上げていくことが大切。

自分の名前のまま仕事をするから苦しくなる。そうではなく、営業であれば「営業」という役割を演じている認識でやってみる。


《アイカンパニーの社長になれ(p.97)》

例えば、田中太郎さんであれば自分を「田中太郎株式会社」というように、1つの会社として見立てること。

事業計画書を作成するのと同じように、自身の能力を整理し、どの方向に向かっていくか考える。


《「また今度」に日付を入れろ(p.213)》

よく言われる「また今度会おう」。しかし、実行されることは少ない。

そうではなく、別れ際に次会う日付を設定するなどして、出会いを大切にすべき

「そこから始まる可能性を信じて、時に、あえて空気を読まず厚かましくなればいいのです。大丈夫、積極的に自分に関わろうとする人を、心から嫌う人は多くはないものです。」(p.216より引用)


以上3点ほど紹介致しました。個人的に小笹さんの本は視点がユニークなので面白いです。「求められる自分」という考え方は、ビジネスマンのみならず、就活中の学生にも良いのではないでしょうか?自分探しよりこちらが役立つはずです。

本屋で見かけた際はちょっと手にとってみることをオススメします。
ではでは、また。