昨日(1/3)の日本経済新聞朝刊に、
「テレビ東京が動画配信」との記事が掲載
されていました。
(あ、リンクは特にないです)

記事によると、同配信サービスは春からであり、

「ワールドビジネスサテライト」「モーニングサテライト」
「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」など
テレビ東京系列で放送中の経済報道番組を、
月額500円(税別)ですべて視聴できる
会員制の動画配信サービスです。


とのこと。 

どれも個人的には好きな番組なので、
ちょっと検討しようかと思っています。

テレビからの情報入手にて思う事、
それは「興味・関心を生み出すきっかけ」として
利用するということです。

ネットの場合、検索エンジンにかければ
相当数の情報が表示されます。(玉石混合ですが)
本であれば、テーマに関連したものを
数冊読めばそこそこ深い知識を得られると思います。

しかし、これは既に関心のある事柄が
頭にあってこそのもの。
ある程度、自発的に動かなければなりません。
(いや、そりゃボーっとネットサーフィンしてても情報は
入ってきますけども、ま、置いといて・・・)

それに対し、テレビはつけておけば
何かしら情報は流れてきます。
そこから感じるものがあれば、
後は関心に沿って本なりで調べたり、
詳しい人に聞くなりできます。

このように、無から有を生み出す
テレビは何だかんだいってスゴイのだと感じています。
ただ、私の場合はあくまで「きっかけ」としての役割で
あるため、滞在時間は短いです。
費やした時間に対し、より深い知識が得られる点では
本のほうが優れているのかな、と。

ダラダラと書いてきましたが、
テレ東の動画配信が始まるなら
きっかけ作りとして見てみようかな、と
考えたわけでした。

ではでは、また。