20130101_152215


















明けましておめでとうございます。
新年早々、いきなり靴+足の写真ですいません・・・

今日は初売りに行ってきました。
近くのショッピングモールにてランニング用シューズ
を購入したので、記念に1枚。

と、いうのも、今年こそ「運動元年」とすべく、
ジョギングでも頑張ろうかと思っているためです。
皆さんにとっては結構どうでもいい情報ですが、
私(男です)、身長168cm、体重46キロという
お痩せさんなのであります。
運動をすれば少しは改善するかな・・・
と淡い期待を抱いています。

私はいつも思うのですが、
巷には「ダイエット本」は数多くあれど、
「体重up本」は見た事がありません。
どなたかご存知でしたらぜひ教えて下さい。
低体重というのは、本人にとっては切実な
問題なのです。

さてさて、ジョギングへの意気込みはともかく、
大事なのは継続することですよね。
読書ブログなので、ここはひとつ、
本の力を利用してみようかと思います。

まず、そもそも「ジョギングなんて出来るんすか?」
という懐疑的な声が出てきたらどうするか?
自分はヤル気満々でも、外野から色々言われるかも
しれませんよね。
そんな時はこの本がオススメです。

大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある
大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性がある

歴史的名著といっても過言ではない
この本。小さくまとまっている自分が
恥ずかしくなります。
「必ずできる!」と大きく考え、
どっしりとした気持ちで始めることができます。

次に、ジョギング始めたけど
どうにも時間が取れないな~、
となったらどうするか?
仕事も忙しいですよね。
こんなときはコチラ。

最高の人生と仕事をつかむ18分の法則
最高の人生と仕事をつかむ18分の法則

主に時間管理について説く本ですが、
まず「やらないことを決める」という
新鮮な視点からアプローチしているので、
一読の価値はあると思います。
自分にとって大事な時間をいかにして
作り出すか、参考になるでしょう。

では最後に、どうにもこうにも辛いとき。
頑張ってはいるけれども、
先が見えないとき。
支えとなるような、心のよりどころが
必要ですよね。

ながい坂 (上巻) (新潮文庫)
ながい坂 (上巻) (新潮文庫)

歴史的名著です。
主人公の少年が、苦労しながらも
立身出世を果たす物語です。
様々な人間模様の中、努力を重ねて
苦悩しながらも自分の進むべき道を
探していく姿に心打たれます。
個人的には、辛い時のよりどころのような本だと
考えています。

・・・と、このように
ジョギングを続けるうえで予想される障害を、
本の力で乗り越えようかと思っています。

ぜひみなさんも、何かに挑戦しよう!というときは
参考にして頂ければ幸いです。

ではでは、また。