かの名作、『俺はまだ本気出してないだけ』が
堤真一主演で映画化されるとのことです。
どう考えても主演がマンガと釣り合わないと
思いますが、レビューをちょい書いてみました。

俺はまだ本気出してないだけ 5 (IKKI COMIX)
俺はまだ本気出してないだけ 5 (IKKI COMIX)
 

表紙のおじさんが主人公の「シズオ」。
サラリーマンを辞め、マンガ家を目指すことになったシズオが
悪戦苦闘する日々がコメディータッチで描かれています。

シズオは、あえて分類するならば
「残念な人」に該当するかと・・・
会社を辞めてハンバーガー屋でバイトをし、
合コンに行けば、はるか年下の女性から
辛辣な言葉を浴びせられ、
そして肝心のマンガは鳴かず飛ばず・・・

そんな状況下、シズオは落ち込むことの方が多いのですが、
読んでいて悲壮感を感じることはあまり無いかと思います。
マンガにおける独自のタッチや、
登場人物のセリフが、どこか温かいからかな~と。

そして面白いのは、シズオを応援したい気持ちが
フツフツと湧いてくる、ということです。

シズオが輝くのは今ではないと。
まだまだこれからが勝負なんだと、
どこか元気付けられるような印象を持ちました。

世の中を見渡すと、
様々なサイクルがどんどん早くなっていて、
結果を早く出さなければ、という雰囲気が
あるかと思います。

そんな時になかなか結果が出なければ
落ち込んだり、自信を失ったりすることも・・・

しかし、そうではないと。
『俺はまだ本気出してないだけ』なんだと
シズオと自分を重ね合わせ、
自分を鼓舞していくのも大切なことでは
ないでしょうか。 

ギャグマンガですが、
個人的には勇気づけられる内容 です。